MENU

赤ちゃんに必須の栄養素をサプリメントで摂る効果

 

葉酸サプリの効果と必要性をご存知ですか?

 

普段は気にしていなくても、妊娠中には何となく「摂取しなくちゃいけないんだろうなー」とわかっているプレママさんは多いと思いますが。

 

 

食事だけで必要量を摂るのは難しいので、葉酸サプリを飲んだ方が良いのですが、赤ちゃんの未来を預かるプレママとしては気になる事も沢山ありますよね。

 

  • いつから飲み始めたら?
  • 葉酸サプリって効果あるの?
  • 赤ちゃんには安全?影響は?

 

葉酸サプリについて、ハテナが一杯のママさん予備軍の方は多いのでは・・。
私もかつてはそうでした・・。

 

 

妊活中〜妊娠初期には、葉酸サプリの情報を漁りまくって、徹底的にリサーチしたものです。
そうして集めた情報、プレママ達に役立てて貰えたら!そう思ってサイトを公開しています。
妊活中におすすめできるサプリはこちらのページをご覧ください。

 

当サイトでは、私、先輩ママの「みゆぽん」が、葉酸サプリの効果摂取を勧める理由安全性・・等々について紹介しています。
ぜひ参考にしてくださいね♪

 

葉酸の摂取はなぜ必要?

葉酸の効果については後の項で詳しく説明しますが、まず妊娠初期の食事はとても大切ということは覚えておきましょう。
胎盤が形成され、赤ちゃんの外形や内臓、重要な器官が作られる時期なので、栄養のあるものを効果的に取る必要があります。

 

 

ですが・・・
いくら頑張っても食事だけでは摂取量がどうしても足りないのが「葉酸」です。
大事な妊娠初期に不足がちなこの栄養素、実はとても大切なものなのです。

 

ビタミンB群の1種で水溶性という特徴を持ち、ほうれん草から発見されたことから「葉酸」という名前が付けられた栄養素。
この水溶性という性質が、実はとてもやっかいで、調理の過程で失われやすいのです。
そのため、葉酸サプリでの摂取がすすめられています。

 

葉酸が不足するとどうなっちゃうの?

葉酸は妊娠中には特に大切な栄養素。
以下は、厚生労働省など公的機関が推奨している妊婦さんに必要な栄養素

  • たんぱく質
  • 脂質
  • ビタミン類
  • ミネラル類

 

この中で特に大切なのが、ビタミン類に含まれる「葉酸」。
厚生労働省が、妊娠初期の妊婦に400μgの摂取を推奨している必須栄養素です。
後で詳しく説明しますが、厚生労働省は葉酸を「サプリで取る」ことを推奨しています。
(参考:神経管閉鎖障害の発生リスク低減について

 

 

数多くの研究で、葉酸には胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減する効果がある事が分かっています。
神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄の元(神経管)に起こる先天異常のことです。
妊娠初期は、胎児の細胞増殖が盛んなため、この時期に葉酸の摂取量が不足すると、神経管閉鎖障害の発症リスクが高まり、分娩10,000件に6名の発症率になるとも言われています。
(1999-2003年・国際クリアリングハウスより)

 

葉酸の効果を具体的に解説します!

葉酸は、体内でタンパク質を合成するために必要なメチオニン代謝や、細胞増殖に必要とされるDNARNAの合成に深くかかわっています。
葉酸の効果は、赤ちゃんの奇形を防ぐだけではありません。
妊婦さん自身にもしっかりととっておきたい栄養素なんです。

 

葉酸の効果〜赤ちゃんへの影響〜

 

妊娠初期に起こる赤ちゃんの先天奇形(神経管閉鎖障害)を予防する効果

葉酸は細胞の増殖に関わる栄養素で、赤ちゃんの正常な発育に欠かせません。
葉酸の摂取により、赤ちゃんの先天奇形を予防できるため、厚生労働省でも推奨していて、母子手帳にもしっかりと記載があります。

 

 

妊娠4〜5週は、脳や脊椎といった中枢神経系の原型である神経管が形成される時期。
この時期に葉酸を補給することで、神経管の正常な成長をサポートし、神経管閉鎖障害を予防します。
神経管閉鎖障害が神経管の下部で起こると二分脊椎、上部で起こると無脳症という先天異常があらわれます。
葉酸のこの効果については様々な臨床試験を元に様々なデータもあり、摂取により70%の神経管閉鎖障害を予防できることがわかっています。

 

食物アレルギーの予防効果

さらに葉酸についての、食物アレルギーの発症に関する効果も注目されています。
アレルギーの種類によっては、葉酸サプリ摂取で1歳半までの食物アレルギー発症を抑える場合もあるようです。
近年は食物アレルギーの発症率が上がる傾向にあるので、これは嬉しい効果ですね。

 

身体の土台をつくる効果

葉酸が必須栄養素である理由は、

  • 赤血球を作る
  • 細胞分裂
  • 細胞の成長

など発育に欠かせない栄養素だからです。
葉酸は赤ちゃんの身体の土台づくりを担う重要な栄養素と言えるのです。

 

葉酸の効果〜ママの影響〜

 

葉酸は、赤ちゃんの先天異常を防ぐだけではありません。
妊婦さんの健康維持にも役立つ次のような効果があります。

 

流産を予防する効果

神経管閉鎖障害を予防することは、流産の予防にもつながります。
神経管閉鎖障害によって起こる脳の形成不全である無脳症は、流産や死産の要因のひとつです。

 

 

したがって、葉酸は流産予防の効果も兼ね備えているということが言えるのです。

 

貧血を予防する効果

葉酸はビタミンB12とともに、赤血球を生成するために欠かせない成分です。
十分な葉酸を摂っておくことで、貧血になるリスクを減らす効果があります。

 

便秘を解消する効果

葉酸の摂取により血液量が増えると、血流も改善します。
その結果、胃腸の代謝もよくなるため、妊婦さんの悩みである便秘の改善にも効果があります。

 

動脈硬化を予防する効果

血中には、ホモシステインというアミノ酸があり、ここから必須アミノ酸のメチオニンやシステインなどの物質が代謝されます。
この代謝に葉酸やビタミンB6、ビタミンB12が必要です。
ホモシステイン濃度が高くなるとLDLコレステロールと結合して血管壁に堆積しやすくなり、動脈硬化心疾患の原因となるため、葉酸を不足させないことが重要となります。

 

 

 

こうした効果が期待できることもあり、厚生労働省は、受胎前後(妊活期)〜妊娠初期(12週)までの積極的な葉酸の摂取を推奨しているのです。

 

>>葉酸サプリおすすめランキングBEST5!<<

 

葉酸は食事から取れないの?

効果については良く解ったけれど、ここで出てくる疑問がやっぱり
「食事からじゃ本当にダメなの?」
ということですよね。

 

注目したいのは厚生労働省が、食事以外400μg摂るように言っていること。
食品に含まれる葉酸は体内利用率50%であり、食事からは摂取しにくい特徴もあるため、サプリで取るようにと勧告しています。
厚生労働省がこのような勧告をするのはまれなケースだと思います。

 

私もサプリのおかげ(?)様で、3,150gの元気な元気な女の子を出産することができました!

 

 

どうして食事からじゃ妊娠中に必要な量の葉酸が摂取できないのか、その理由を解説していきます。

 

そもそも不足している

葉酸を多く含む食品の代表選手としてよくあげられるのが「ほうれん草」で、100g中に210μgが含まれています。
100gと聞くと簡単に食べられそうですが、実は「3束半」にもなります。
結構な量ですよね。。
ただでさえ、食の欧米化が進んだことなどの他、過度なダイエットにより野菜不足の女性が多くなっています。

 

以下は名古屋大学医学部附属病院において葉酸摂取量を測定した結果です。

252人の女子大学生を対象に葉酸の摂取量を調査したところ、その平均値は120〜260μg
現在の多様化した食生活も考慮に入れれば、サプリを摂取せずに通常の食事のみで推奨されている1日400μgの葉酸を摂ることは困難であると思われる。

ということなんですね。
若い女性の野菜不足が原因で、近年、葉酸欠乏症と見られる出産報告が多くなり、葉酸と胎児との関連が注目されるようになりました。

 

こういった背景から厚生労働省もサプリから摂取することを推奨しているのですね。

 

壊れやすい

更にネックなのが、熱に弱く調理で失われやすい葉酸の性質で、半分近くが口に入る前に失われてしまいます。
自分ではしっかり食べているつもりでも、思った程には摂取できていないのです。

 

つまり、ほうれん草なら葉酸を400μg取るためには「7束」ぐらい食べないと追いつかないのです。
いくら効果があるからと言って、こんなのヤギじゃないんだし・・ですよね(苦笑)

 

 

こうした事情からも、葉酸サプリを内服する妊婦さんが年々増えています。
(そりゃ、当たり前ですよね・・)
ほうれん草だと7束になりますが、例えば人気の『ベルタ葉酸サプリ』の場合なら、1日4粒の服用で済みます。
私は、妊活を始めてからすぐに飲みはじめました。

 

吸収率が悪い

また覚えておきたいのが、葉酸の種類について。
食品に含まれる葉酸の大部分は、「ポリグルタミン酸型」。
消化吸収されるまでの代謝過程で、様々な影響を受けるために生体利用率は50%以下なんだそうです。

 

>>葉酸サプリおすすめランキングBEST5!<<

 

葉酸をサプリから取る効果とメリット

「食事からじゃ十分な量が補えない…」ということだけではなく、サプリから葉酸を摂ることによる効果は色々あります。

 

吸収率の高いモノグルタミン酸型

食品に含まれる葉酸である「ポリグルタミン酸型」に対して葉酸サプリに使用されるのは「モノグルタミン酸型」。
食品中のものとは構造が異なっていて、安定性と生体利用率が高いのです。
体内への吸収は85%程度と、食物に含まれているものよりもかなり優れています。
食事で足りない分は、葉酸サプリから効果的に、1日400μgを下回らないように摂取していくことが重要です。

 

 

必要な量が毎日きちんと摂取できる

葉酸は、妊娠初期であれば1日400μgの摂取が推奨されています。
しかし先述の通り、葉酸は水溶性ですので野菜を水洗いする過程や、加熱によって失われてしまうため、十分な摂取が難しいのが現実です。
サプリであれば必要量を定期的に摂取できますので、葉酸の不足は起こりにくいというメリットがあります。

 

マルチサプリである

葉酸の摂取はもちろん大切ですが、妊娠中には全体の栄養バランスにも気を配らなくてはなりません。
貧血を防ぐための鉄分、赤ちゃんの骨を作るためのカルシウムなど、ママと赤ちゃんに必要な栄養は、他にも沢山あります。
サプリなら1日の必要量が確実に摂れるし、さらに効果的なのが、葉酸だけではなく、妊婦さんに必要な鉄分カルシウムビタミンミネラルが色々入っていて一緒に補えるところです。

 

 

(*どの栄養素が配合されているかは商品によって異なりますので、葉酸サプリの配合成分をよくチェックしましょう)

 

つわりの時期にも

また、妊娠初期はつわりで必要な栄養成分が食事で摂れないという人も多くいます。
こうした理由からも、葉酸の効果と重要性を考え、厚生労働省がサプリでの摂取を推奨するようになったのです。
葉酸サプリの場合は、錠剤のにおいや大きさをつわり時期のことも配慮して設計されている商品が多いので助かります。

 

見落としがちな残留農薬のリスク…

葉酸を普段の食事から摂取しようとすると、沢山の葉物野菜を食べる必要があります。
ここで私が警鐘を鳴らしたいのは
危険なのにあまり知られていない農薬が胎児に与える影響
です。

 

 

「国産の野菜は安全!」
と根拠なく思い込んでいる方が多いのが現状なのですが、実は日本は・・・
農薬使用率が世界3位に入る農薬大国なのをご存知ですか?

 

WHO(世界保健機関)の報告書で胎児への影響が危惧されていて、ヨーロッパで使用禁止の農薬が日本では野放し状態なのです。
EU全域で全面使用禁止され、その後、韓国、アメリカやカナダの各州で次々に規制、毒性がとても高く禁止されたネオニコチノイド系農薬も日本では許可されています。
それにもかかわらず、国産野菜の安全神話を信じて、農薬がたっぷり使用されている野菜を好んで食べているのが現実…。
害虫の神経に作用して害虫を殺すネオニコチノイド系農薬が子どもの脳や神経の発達を害することも懸念されています。

 

私はこのことを知ってから、妊娠中には葉物の野菜は控えめにして、食べるときも入念に洗うようにしています。
当然、葉酸の不足が気になりましたのでサプリで取るようにしました。

 

妊娠中に怖いのは何より胎児への影響です。

 

 

妊婦さんがたくさんの野菜を口にすることについては残留農薬の影響から次のような懸念点が上げられます。

  • 妊娠中や幼児期に影響を受けた場合ADHD(注意欠如多動性障害)と診断されるリスクが高まる。
  • 脳や神経が発達途中のため、神経毒性のある農薬の影響を受けやすい。
  • 白血病その他のがん発生率、流産の確率が高くなる
  • 妊娠中の殺虫剤汚染により子どもの白血病発症率は2倍以上になるという報告もある。
  • 発達障害、運動能力や協調性、全般的な精神機能への悪影響。

 

 

もうひとつ深刻なのが…
野菜の中でも特に残留農薬のリスクが高いのが葉酸を多く含むほうれん草などの葉物の野菜だということです。
害虫がつきやすいので、どうしても農薬の使用量も増え残留農薬も多くなります。
特にほうれん草はネオ二コチノイド農薬の規制が以前より従来の13倍(40ppm)まで引き上げられたため、非常に危険度が高いといえるのです。

 

葉酸をしっかりとるために、胎児に危険な農薬をたっぷり体内に入れてしまっては元も子もありませんよね…。

 

以上のような根拠からも、葉酸はサプリで取ることがおすすめなんです。

 

 

>>葉酸サプリおすすめランキングを見る<<

 

葉酸サプリで過剰摂取にならない?

サプリで葉酸を摂取したほうが良いことはよく解りましたが、その場合、過剰摂取も気になりますよね…。
ですが、葉酸の取りすぎとなる1日の摂取上限量は1000μgです。
サプリの用法と容量を守って服用していれば、食事とあわせても1000μgを超える心配はありません。

 

葉酸サプリはいつから飲むと効果がある?

厚生労働省では、妊娠の1ヶ月以上前から摂取を推奨しています。
妊活中の方は、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の予防効果を考え、妊活を始めると同時に葉酸サプリの内服をおすすめします。
妊娠初期の女性は、お腹の赤ちゃんを十分に成長させるためにも、早めに飲み始めましょう。

 

こんな葉酸サプリは避けるべき!

妊婦さんが葉酸サプリを摂る場合には気をつけたい点がいくつかあります。
残念ながら現在流通している葉酸サプリの全てが安全とは言えないのが現状です。
次のようなサプリには注意しましょう。

 

ポリグルタミン酸型を配合しているサプリメント

厚生労働省が推奨しているのは「モノグルタミン酸型」のサプリです。
ほとんどの葉酸サプリがモノグルタミン酸型なのですが、中には吸収率の低いポリグルタミン酸型の商品もあるので注意が必要です。

 

外国製

ドラッグストアなどでは国産だけでなく、外国製の葉酸サプリも販売されています。
外国製が全て悪い訳ではありませんが、原料に遺伝子組換え食品を使っていたり、添加物を過剰使用していたりするものもありますので、妊娠中にはおすすめとは言えません。

 

添加物

妊婦さんが口に入れたものはそのまま赤ちゃんの身体を作る材料となります。
不要な添加物は摂取しないことが大切です。

 

マルチ配合じゃないサプリ

先ほども少し触れましたが、葉酸サプリ妊婦さん向けに開発されているものが多く、カルシウムや鉄分など妊娠中に必要な成分を同時配合されているサプリメントが多いです。
ただ、そうではなく「葉酸のみ」のサプリもありますので、なるべくマルチ配合のものを選びましょう。

 

飲みにくい(におい・大きさなど)

つわりの時には飲み物さえあまり受けつけないという様なこともあります。
ですので錠剤が大きい、においがキツイなどの飲みにくいサプリメントはあまりおすすめできません。

 

失敗しない葉酸サプリの選び方

この通り、サプリにも色々あります。
毎日口にするものだから、安全なものを選びたいですね!
葉酸サプリを選ぶ時は次の点をチェックしましょう。

 

ポリグルタミン酸型or モノグルタミン酸型の効果の違い

厚生労働省が推奨しているのは「モノグルタミン酸型」のサプリです。
葉酸サプリが、効果の高い「モノグルタミン酸型」かどうかチェックしましょう。

 

製造過程のチェック体制

葉酸サプリの原料には沢山の野菜が使われていますから、当然放射能残留農薬の心配も・・。
その辺りの安全性もチェックしましょう。
放射能と残留農薬の検査済みであるサプリメントがベターです。

 

添加物について

妊活中・妊娠中のデリケートなこの時期、外国製の安価な葉酸サプリを選んだり、よく聞く大手メーカーだからと安心したりしてはいけません。
中には香料着色料保存料防腐剤など添加物が使われているものがあります。
葉酸サプリ無添加のものを選びましょう。

 

GMP認定

GMPは、(Good Manufacturing Practice)の略で、原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのこと。

 

 

GMP認定かどうかもチェックしたいところです。

 

葉酸以外に必要な栄養素

先述の通り、妊娠中の女性にとって大事な栄養素は葉酸だけではありません
鉄分、カルシウム、ビタミン類、DHAなどたくさんあります。
葉酸サプリはその点、当然妊婦さん向けにリリースされているものがほとんどなので、それらの成分をちゃんとフォローしてくれているものが多いです。
葉酸以外にどんな成分をどのぐらい(充分?)配合してくれているサプリなのか、よくチェックして選びましょう。
日頃から貧血気味な方は鉄分がしっかりフォローされているもの、野菜や果物をあまり食べない方はビタミン配合のサプリメントを選びましょう。

 

 

コスパ

葉酸サプリの価格を比較する際には、単純に1パッケージあたりの値段を比較するだけでは十分ではありません

  • 1パッケージが何日分か
  • 葉酸は400μg配合されているか
  • 葉酸以外の配合成分はどうか
  • 定期便の割引率

など細部まで確認してみましょう。

 

飲みやすさ

葉酸サプリの中には錠剤が大きめのもの、においが強いものがあります。
口コミなどをチェックして飲みやすいものを選びましょう。

 

葉酸サプリについて<まとめ>

赤ちゃんのためにとても大切な栄養素であるにも関わらず、食事だけで充分な量を取るのが非常に難しいのが葉酸
母子手帳にも記載があるように、意識的に摂ることが重要です。

 

 

厚生労働省も、葉酸サプリで効果的に摂る事を推奨しています。
ただし、
残念なことに、現在流通している葉酸サプリは質の良いサプリメントばかりではないのも現状…。

 

次のページでは、入念なリサーチを重ねた結果をもとに、みゆぽんから安心しておすすめできる葉酸サプリをご紹介しますね。
ぜひ参考にしてみてください。

 

更新履歴